忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

嫌われてはいない、という距離と安心感。

人肌が恋しい。なんて、生温い表現では足りないくらい、枯渇しています。

これはたぶん、10年以上独り暮らしをしていて同じくらいの期間恋人もいない人なら判ると思うんですが、ふつうに生活していて人体に触れる機会って、365日中全くないんですよね。
服の上からでも。

だって、ひとを呼び止めるときに肩を叩いたり・・・とかって実際はしませんよね。
よろしくお願いします。と言って握手することなんて、日本の企業間じゃまずないですよね?
そういう社交辞令的なレベルのもの含めて考えても、365日中、1ミクロンも他人の体温を感じる機会というのはないわけです。



で、枯れ過ぎて、先日ネット検索でレンタル彼氏なるものを見てました。
今は添い寝専門コースとかあるみたいです。(もちろん、女性客版のみでしたが。男性客用だったらなんだかエロいサービスになっちゃいそうですしね)
世の中、進化してますね・・・。

添い寝の効能、みたいなことがそこには書かれてたんですが「人肌に触れることで癒され効果を得られることが医学的に証明されている」的なことが説明文に謳われていました。が。
確かに、世の中の需要があるから事業として成り立っているんだろうけども。
自分だって興味持ったからそのサイトを見たわけなんだけども。
果たして知らない人相手に一緒に寝て落ち着くことが出来るものかどうか疑問。
しかも異性と。
ドキドキする、とかじゃなくて、そわそわ落ち着かない気がする。
流石の私でも、癒し効果が得られる自信がイマイチ湧かないから、今一歩踏み出そうと思えません。
というか、在籍キャストの年齢が低すぎて魅力を感じなかった!(笑)
哀しいかな、自分が年取りすぎたのかもしれません。
年上じゃなくても、せめて27歳以上がいい!
金払ってまで年下に気後れしながら気を使いたくない!!!
・・・と、思ってしまいました。

正直、あの手のサービスは一度利用してみたい気もするのですが。
知り合い相手にデートや恋人気分を演出するなんて不可能だし。




で、ふと思い返してみれば、私にはほんのりと人肌に「触れる」機会があることに気付きました。
職場の仲良しの隣の課の後輩・ミケちんです。
1年後輩の彼とは9年来の付き合い。超草食男子で女性が苦手、自他共に認める性欲の無さに、彼女いない歴10年(?)の彼。
最初は喋ろうと近付くと一歩下がって距離を保って来ていた彼ですが、いまは近付きすぎているくらい近い距離で会話しています。
そんな我々のスキンシップ術はというと・・・

・呼び止めるとき、腕を引っ張る。
・パソコンに向かって真剣な顔をしてる時、わざとらしく後ろから肩を揉む。
・乗り物に2ケツしたとき支えのために身体を掴む。

・・・ってのが、私から彼によくやる行為で。

・業務中、「教えてください」といって背後からPCを覗き込む。(背中に肩口が若干触れてる距離)
・狭い現場の通路で私が居るのに無言で突っ込んでくる。(通りますのでどいて、とか言わないから身体がぶつかる)
・書類の受け渡しで手が触れる。
・飲み会で隣の席に座ったら終始膝が当たっている。

・・・ってのが、向こうが私によくやることです。

どっちがやっていることも、偶然を装える範疇で、ほんの少し、相手に服の上から触れている程度のことですが、100%わざとやっているのは、たぶんお互い判っているのです。
敢えて、口に出しては言わないけれど。

何故っかって。
200人以上いる現場の男性陣で、こんなちょくちょく身体がぶつかってくる人は他にいないからです。(笑)
それがわざとなんだって判っているから、「あ、身体が当たってる」と気付いたら避けません。
当てて来てるんだな、って思って、ちょっとドキッとするから。

大勢の飲み会で隣に座ったら、私たちはお互いとは一言もしゃべらないけど、ずっと身体のどこかは相手の身体に触れてます。きっとお互いに気付いてるけど、それが離れないように、逆にちょっと気を遣います。

元々の席が離れていたら、ミケちんは必ずと言っていいほど「火、貸してください」と離れた席の私に言います。
あんまり毎回火を借りようとするんで「あんた喫煙者のクセにいっつもライター忘れてね?」と言ったら、平気な顔して「忘れてませんよ。自分の持ってますもん」と言ってポケットからライターを出して見せるんです。みんないる前で。堂々と私に火を借りておきながら。

あぁ、スキンシップ取りたかっただけなんだな。と思ったんで「あ、そ。変な子」で終わらせましたが。
周りの人があれをどう受け取ったかはしんないけどっ。(笑)


その日は、終電を逃して。
お開きになった飲み会の帰り。帰る方向が一緒の私とミケはみんなと別れたあとふたりになって。
テキトウにタクシー拾って帰るわー。と立ち去ろうとした私に「いいから早く後ろ乗ってください!!面倒臭ぇから!」と言われてチャリの後ろに乗せられて夜中、大阪の町を20分も2ケツしました。
中学生か!!! 28男と30女がですよ。深夜にチャリ2ケツして、頭から植木に突っ込んで、葉っぱだらけになりましたからね!!(笑) (幸い、怪我はしませんでした。)
いやぁー・・・尻イタイっつーの! ちょっと面白かったけど。



・・・・・身体のどこかが触れること。

相手に、受け入れられている、という安心感。
大勢の中で自分だけは特別に、気を許して貰えている、という自信。


「それ」は、好意の表れなんだから、避けてしまったら「相手のことを拒絶した」「受け入れられなかった」ことになるような、そんな気がしてしまうのです。
だから、避けずに受け入れることは「嫌いじゃないよ」という意思表示のような、そんな気がします。
密かに交わされる、些細なこの触れ合いは「あなたのことがスキ」というような感情の押し付けではなく「あなたのことは嫌いじゃないんですよ」というような、ちょっと遠回しな好意の表れであって。
でもそこには絶対的な安心感が横たわっているような、気がします。




拍手

PR