忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

コスプレ感というよりは、女装ですな。

今まで、メイクとかおしゃれとかのこと考えると開口一番に「面倒臭ぇーなぁ・・・」という感想しか出てこなかったんですが・・・。

再来週のレゲエフェスに思いっきり別人の格好して行ってみよう!! と思い立ち、先日からそそくさと道具を揃えている次第であります。

今日は、100均で盛りネイルにするための付け爪一式と付けまつ毛を購入してみました。
こんなの、普段の私からしたら絶対にしないファッションですよ。
ってか、この先入観がダメなんだと思いました。
みんなきっと、知らず知らずのうちに自分で自分のキャラを決めてしまってるんですよ!
普段のサワムラはサバサバ女子な見た目とスタイルだから、髪は染めないしメイクなんかしない。って、決めてしまってるんです。自分でね。


なので、一旦その殻をぶち破って改革してみると新境地が開けるのかもしれません。
私は、ニューハーフのおねえさん方が、性別すら違うのにあんなに美しく変身しているのはどういったカラクリと努力だ?!と考えてみたのが今回の改革のきっかけです。


あと、ありがちですが、まんがの影響も少しあります。
髪を下ろしてメイクしてコンタクトレンズにしたら、あら美人!・・・なんてのは元の素材がいいお嬢さんのみのなせる技なので、もっと極端に、劇的に変わらないと面白くないだろ!!!と思いまして、私なりの軽めギャルを目指してみました。(注・31歳)(笑)


↓ 完成予想図をちょっと絵に描いてみました。(夏フェス仕様)




案外、服や靴は手持ちの物でじゅうぶん行けそうな感じ。(いつまで若者の服着るつもりだ?)
ってか、以前から持ってる服に自分のテイストが付いて行ってないことは知ってた。(笑)
だから今回は、服の方にイメージを合わせてみた感じです。


「おしゃれしよう!」って感覚だとここまで思いつかないし抵抗感バリバリですけど「女装しよう!!」って思えばけっこう徹底的に出来ることを発見。

だって、女子な格好で街歩いてるのに、すね毛処理やメイクが甘くて髭感を隠しきれてない、みたいな男だってモロバレだったら、歩くの恥ずかしいですもんねぇ。

拍手

PR