忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

しょーもない理由で選​ぶな!

向かいの席のヤマさんが、タバコ部屋の雑談で上司に言った言葉です。

思わず笑っちゃいました。
何って、業務命令受けて、任命された仕事が明らかに彼に不向きな対外コミュニケーションを必要とするグループ会社合同のイベント係りで、それに選ばれた理由が「彼女なしの独身だから」ということで。

課長「イベント係りやって嫁でも見つけてこい」
彼「しょーもない理由で選ぶな!」

このやり取りに笑っちゃいます。
まぁ、なんていうか・・・相変わらずのヤマさん節顕在。
上司でもお構いなしにタメ口で鋭いツッコミ。
女にキョーミゼロ。
会話というほどでもない、タバコ部屋での私との雑談。

私は彼の肩をバシッ!とひと叩きして、
「お前には向いてへんわ!若い女の子らに交じって、夢に溢れたきらきらの目の中仕事するなんてー!」と大笑い。
「当たり前やん!だって俺はやんないからね。勤務時間内以外はやるつもりないからね!」
やっぱりツレみたいなタメ口で、さらっと早口で喋るヤマさん。

この距離。
これくらいが、私には一番心地いい距離感なんだな、と改めて思う。

現場の責任者席ではいつもお向かいになる隣のP課のヤマさん。
半年だけ後輩で、2つ年下の口のガサツな男の子。
一度も飲みに行ったことはなく、会社の食堂にも来たことがなく、喋るのは事務所とタバコ部屋でだけ。
最初は苦手だった彼とも、9年来の付き合い。

業務関係上、隣にいるだけ。個人的な話題で喋ることはない。
彼から私に喋りかけてくることは皆無で、
でも9年間、ずっととなりにいた人。

そういう、なんでもない関係に、すごく癒される今日この頃なんです。



誰とも縁を繋がない。
このままの状態でいい。
このままの状態がいい。


私が少しだけ、ほんの少しだけ、相手に傾斜している状態が心地よくて。

 

相手からメールの1通でも来てしまったら、もうその関係は崩壊するような、絶妙なバランスの上に成り立っている私のこの安定感を、理解できるひとはいるのでしょうか?

拍手

PR