忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

反動、リバウンド、怒濤の活動期/社内3地区合同イベント

先日宣言した通り、片付けや掃除、プチ模様替えを実施してヤル気を充填しました。
幼馴染の友人にも久々電話かけて長話したり。

そしたら今度は怒濤の活動期です。

たった1日の休日に予定を複数詰め合わせるという、考えただけでぐったりするような計画をまた立ててしまいました・・・!

私、このやり方がよくないのだと思います。
やる時は信じられないくらい予定詰め込んで超絶忙しくなるから、その反動で予定がふと空いた休みの日を境に一気に無気力になってそこから抜け出せなくなったり・・・。
判っているのにやってしまうという・・・。
人生の生活サイクル組むのって、難しい。

この一か月ほど、毎日1冊以上くらいのペースで読んでる何かの本、も、未だ継続中。
先週は友人に誘われて初めて「なんばグランド花月」に行き、吉本新喜劇と舶来寄席という海外のパフォーマーたちのショーを堪能したり。
芝居でお世話になった映像さんと久々に飲みに行ったり。
児童養護施設への実習に2日間行って来たり。

会社の3地区合同交流会で朝にボーリング→温泉浸かって→昼間っから宴会の流れで、宴会イベントのロシアンルーレットシュークリームでワサビ入りシューを食わされたり・・・。(でも意外と食えた。旨くは無いけど。)
私のお気に入りの後輩くんの一人である、長身がっちりむっちり系のサキちゃん(たぶん5つ下?年は1歳下)の頭を背伸びしてなでなでしたら、アナウンサーばりの落ち着いた声で「抱きしめたげましょうか?」って言われて照れてしまいました。(笑)
私、ヌリカベみたいなデカイ人見つけたら、こう・・・がばーって抱き付きたくってムラムラしてくるんですけど・・・判ります?(笑)
サキちゃんは180センチくらいの身長で恐らく85キロくらいの体格なんですけど。それでもって、いつも落ち着いた喋りと声で、意外に下ネタを堂々と喋ってるタイプの子なんですけど。
私がいつも彼を見掛けると「抱き付きたい衝動」で内心ムラムラしてて(笑)、それをめーいっぱい我慢して、でもそっと後ろから首元のファーだけ撫でたりするんですよ。
そしたら、振り返って相手してくれるんです。「抱きしめたげましょうか?」的な落ち着いたノリで。キュンとします。(笑)

と、まぁ、わけわからん類のキュンを体験してるかと思いきや、先週は隣のP課の先輩に「沢村さんは葬儀屋さんとか向いてそうですね。僕はダメです、表情が緩いから」みたいに言われました。
いや、ね?
転職先の話題でみんなで盛り上がってる時にね。葬儀屋の話題が出たんですよ。
そんで私が「興味ある」と言ったらコレです。
・・・なんか、要するに「お前はいつも無表情だ」と言われてるような感じじゃないですか??


そんなにか? そんなに笑ってる印象ないか? 相変わらず?


そんな私ですが、何を思ったか、急に思い立ってお見合い相談所に入会しました。





・・・・・・・・・・・・・え?




なんだこの突然の行動力!!(いつも突然行動する子でしたけども!)

え?! だってお前、結婚願望ないって言ってたじゃん! 恋愛興味ない。って言ってたじゃん!!!
・・・とお思いでしょう。

そうですよ。
どちらも意識は変わってません。

じゃあなんで突然、高い会費が掛かる相談所なんかに入会する気になったんだ?
と言いますと。


私、研修や実習を積んで先日、里親認定資格のための最後のカリキュラムが終了しました。
あとはレポート出せば晴れて「里親さん」になれます。
そして今31歳。33歳までに、妊娠もしてみたいという願望もあります。
結婚する気は無いから、選択的シングルマザーの枠組みで精子ドナー提供受けるつもりで去年から多少調べ始めてます。
しかもそのことを、会社で公言しています!
本当にそうする気なので、いきなり妊娠して驚かれないようにあちこちで伏線引いている訳です。
それを言ったら「最初から片親だなんて、生まれて来る子供がかわいそう」などとおっしゃる人もいますが、私はそんなこと全く思いません。
だって「その子」は、間違いなく望まれて生まれて来るわけです。
不倫の末や、責任取るために仕方なく結婚した出来ちゃった夫婦よりも、断然、望まれてこの世に生を受けるのです。
子供の本当の意味での幸福感とは、裕福な家庭であることや大家族であること、ましてや夫婦が揃っていることが一番いいとは限りません。
「そこに望まれて存在していること」が、何よりも大切で、私はそのことを充分すぎるほど判っているのだから。


と、私は効率的に人生計画を進めるために、何でも人より早め早めで行動してきました。
安定した職に就くために今の国家資格を受験することを決めたのが小学5年生の時。
法事の招集、連絡が付かなくなっていた親戚との連絡、墓の準備、終活セミナーの検証、遺書の準備。
ふつうの人が、あと20年経ってからするようなことを、10代、20代からしてきました。
人生を、諦めている、訳ではないのです。
有意義な人生を過ごすため、見切りをつけるのは早い方がいい、という信念があるだけなのです。


・・・・・その人生設計を進めていくうえで、ちょっとだけ立ち止まって見たのです。




そういえば今まで、あまり本気で結婚について取り組んだことは無かったな、と。



だから、ヤル気は無いけど、1回だけ活動実績をちゃんと残しておこう、と思ったわけです。

このまま恋愛も結婚もせずに親になれたとしても、自分で選択して来た結果なのでのちのち後悔をしない自信はありますが、妥協しないやり方で1度だけ取り組んでみよう、と思ったんですね。






それと、ふっ、と腑に落ちたんですよ。

ここ最近、いろんな本を読み漁ってたから、その中のどれかに影響を受けたのかも知れません。
読み漁りすぎて、最早どれに影響受けたか判りませんが。



私が1番譲れないものが、一体何であるか。

お酒? タバコ? バイク? 趣味のライブ? 芝居?
苗字? 相手の親との同居? 相手の年収や職業?

上げだしたら誰もがきっと、キリのない理想の結婚相手の条件。


でも私が気付いたのは、この仕事を続けられる環境にあること。


これが人生の一番重要なポジションを占めているのだと、改めてはっきり、気付いたのです。


だから、私の条件は「転勤先にもついてきてくれる人」としました。
こんな人、滅多にいないだろうから、それ以外の条件は全部「問わず」にしてみました。
収入だって勿論ゼロで構いません。
専業主夫になってくれなくて結構。
仕事も家事もぜんぶ私がやります!
愛してもらわなくて結構、恋愛する気は有りません!!

じゃあ何がしたいのかというと、そんな私と価値観が合って、この人に着いて行けば人生面白くなりそう、残りの人生一緒に過ごしてみたい。・・・なんて思うような人が現れたら、結婚してみようと思ったわけです。


そんなヤツいねーーーーーよ!!!!!


と言われそうですが。でも、

・・・実際、知り合いで24歳の時に同級生とそういうフィーリングが合って恋人期間を経ずに突然結婚したカップルを2組ほど知っているからです。

私もそれが理想。
恋とか愛なんて幻みたいな感情に振り回されることなく、冷静な判断でそう思えたならステキな出会いと言えると思います。
それに正直、私は本当に恋愛をしたくないのです。

理想の夫婦像は、長年暮らして行く中でほんのりと穏やかに相手のことを好きだと思えたら、それが一番いいと思っています。(嫌いなひととは生活したくないですからね、流石に)

結婚してもしなくてもどうせもうすぐ子育てはするんだから。(きっと)
そしたら、やってみて「やっぱり向いてなかった」と再認識してから出発し直しても決して遅くないし、むしろ今ならまだ早いくらいだ。


ってな。

拍手

PR