忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

同期がオッサンに見えだした件について。

えー。
引っ越し、歓迎会、転勤、各種手続き、エトセトラでバタバタしていた沢村です。
近況報告的なトピックスは、ホントに毎日のようにいろいろあるんですが、忙しさにかまけてPCすら殆ど繋いでいない日々でした。

と、言うことで、ちょっくら近況報告ナド。




最近、同期に会うことが増えました。

今までの職場にはセイちゃんと私のふたりきりだった同期仲間ですが、他事業所や他基地には実はいっぱい同期がいまして、私の知っている人も居れば、知らない人もいるのですよね。

で、東京事業所に転勤してから、知らない人も多くいる中、頼れるのはやはり同期ということで、ゆるりと同期探しをしている次第であります。

私は入社11年目なので、もう中堅社員もいいところ。
同期の大半は漏れなく役職名が付くお年頃です。(私はただの平社員ですが・・・)

なので、名簿なんかもチーフクラスの帯を探しているとよく見付けます。
同期と知れると、向こうも気に掛けてくれるし、後輩にわざわざ自己紹介しなくても同期とタメ口で喋っているだけで「あ、沢村さんって〇〇チーフと同期なんですね」と説明がラクになります。


・・・・そう。

いつもボヤいていますが、私のおなじみの悩みは、後輩に下に見られることなんです!(笑)

かなりよく言えば若く見えるゆえ、平たく言えば童顔、斜めに言えば態度と雰囲気が幼い所為で、4つくらい後輩にすら更に下に見られます。
それを出来るだけ避けたいので、チーフクラスと同期であるという主張を影ながらしているという・・・涙ぐましい努力(笑)
てめーでチーフになればいいだけの話しですが、残念ながらまだその力量に届かず。苦笑。


で、転勤前の8月末に、私が招集して超久々に同期会をしたのですが。
待ち合わせ場所に数年ぶりに集まった面々を見て思ったことは、
「あーみんなオッサンになったなぁ・・・」
ということでした。
それを当人の前で素直に言ったら
「当たり前やろが、もう30越えてんやぞ。お前やってオバサンやないか」
とふつーに返されました。

正直、私はまだオバサンという言葉には抵抗がある方です。
頭では、もう三十路越えてんやからオバサンと言われる場面もあるだろう、とは思っているのですが、普段接している子供たちには「おねーさん」とか「ヨウコちゃん」などと呼ばれている所為で、まだあまり現実味がありません。
職場で私をオバサン呼ばわりしているのも、自分より5歳以上年上の先輩方ばかりだし(てゆーか50代後半の人たちからあだ名のように言われる…20代の頃から。)、とにかく自分より下の年齢の子たちに直接オバサン言われたことがほぼ皆無なわけですよねー。
なので、現実味が全く無い。

ただ、その時の同期会に来た面子5人は全員子持ち。
子供たちの友人などからオジサンと呼ばれ慣れてる面々なんですよね!!!
しかも、20代の頃から!
ゆえに、30を超えた今となっては、名実共に、貫禄たっぷりの立派なオジサンなわけです!
オジサン歴が私なんかよりはるかに長い!!!
だから、はぁ?今更なに当たり前のこと言っちゃってんの?ってノリなのでしょう・・・。

同級生たちがオジサンになっていくのを目の当たりにするというのは、ちょっとばかし淋しいモンがあります。



で、今日もまた、飛行機の待ち合い場所で隣の会社の同期とばったり会いまして。
数年ぶりに会ったその同級生でもある同期と待ち時間中、近況報告やら雑談やらをしてたわけですが、彼が開口一番に言った言葉がコレ。

「おー!? 久しぶり~・・・ってお前、変わんねーなぁ!!
爆笑されました。

・・・・・・いつも会ってる面子からは変わったかどうかなんて聞くこともないわけですが、数年ぶりに会った人間に言われると、そうなのかー。とちょっと現実味を帯びます。

「こないだ貰った同期会の写メ見て、みんなオッサンになったなぁ~ってしみじみしてたのに、お前はホント、変わんねーわ! 若い若い!」
「あー・・・、それ気にしてんだよね。後輩に、後輩と間違えられたりするから」
「まー、そうだろうね!雰囲気幼いし、舐められやすそう!

同期の歯に衣着せぬ正直なご意見は、本当に貴重ですね!!

そうか、ハタから見たらそう見られやすいってことなんだな!
勉強になったぜ・・・。



それを言えば、後輩に舐められ・・というか、間違われていた事件は数えきれないくらいあるんですが、初夏にあったBBQ大会では、同期のセイちゃんとタメ口で喋っていたら2期後輩に
「沢村さん・・先輩に向かってそんな喋り方、失礼ですよ」と窘められる?!始末。
「いや、セイちゃん同期だから!!」と盛大に突っ込ませていただきました・・・。

ってか何年も一緒に働いてきて、今更?! え? どゆこと?! 今まで私を失礼なヤツだと思ってた?!キミ! ・・・と、内心疑問符でいっぱいになりました・・・。


あとは、異動の雑談をセイちゃんとしてた際には隣に居た上司にも、
「まぁ、沢村も彼らに面倒見てもらって頑張りなさい」
なんて言われたもんだから「ここ、同期です!!」とセイちゃんとダブルツッコミをユニゾッてさせてもらいましたよ・・・。

あとは、1年ぶりくらいに会った他事業所の1期後輩の男子に「よぉ~☆ ひさしぶりッ!」と挨拶されたので「あの、私の方が先輩なんだけど。忘れてる?」とツッコミ入れさせていただきました・・・。(忘れられてました・・・)



・・・・・・ま、そんなこんなで、同期と居ても後輩(しかも態度がデカイ失礼なヤツという残念な認識)に間違われる日々で苦労(?)している私なわけです。



で、空港で会った同級生に、
「こないだの同期会、開催者わたしなんだけどさー。集まったみんなを見て、なんかすげぇみんなオッサンになってしまったなぁ・・・ってちょっとショック?を受けたんよね。」
と正直な感想をここでも述べると、彼は爆笑のノリのまま、
「いや、オッサン以外の何者でもないでしょ?」
と間髪入れずに返されてしまいました・・・。

まぁ、そうですよね・・・ハイ。
4歳の娘さんのいる32歳なんて、20代の頃からもうオジサンって認識合ったわけですからね。
聞く相手間違えましたね、私。



という、オッサン談義でした。

拍手

PR