忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

怪我の功名・・・でも何でもなくって。

たまに怪我しますね。
仕事柄、一般の方よりは怪我しやすいと思うんですが、でも実はそんなにしないんです。
半年に一回くらい。

そりゃそうか。
そんなしょっちゅう怪我してたら10年も続けらんないわな。

ま、そんな話はさておき。

怪我をしたとき、私は怪我の治りを早くするため、傷口を滑らかにします。
つまり、傷をさらに広げます

喩えば今日なんかは、ショップ・エアーのホースの繋ぎ口に勢い余って指詰めちゃって内出血で血豆が出来てたんですが。
気付いてすぐに工場内にある作業用のアルコールを紙ウエスに浸して指とカッターナイフを気持ち消毒し、血豆をサクッ!と切り取りました。
後は2~3回ウエスで傷口を押してやれば中に溜まった血はキレイに全部出ていくので、その後は水で洗い流して絆創膏を貼るだけ★
カンタン、キレイ☆

これ見てびっくりする人多いんですが、これ、絶対オススメだから!
戦時中の田舎療法なのかもしんないけど、マジすぐ治るから!!
ぜひ次回、怪我したときは皆さんやってみて! だまされたと思って!

数年前に交通事故起こした時も、膿が出た傷口をたまたま家にあった医療用スプーンを(何でこんなものがたまたま家に?!)ライターであぶって、ザリザリ傷口をこさぎました。
だって膿そのままにしてたら痕が残るからね! 一生傷痕残るのと、その日一瞬痛いのと、どっちがいいですか?って天秤にかけたら、そりゃあ後者でしょ?

え?
わたし、おかしい?

拍手

PR