忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨が降らないから

彼女が手帳をめくりながら真剣に、でも明日の食事は何にする?というような軽い口調で喋る。
「ほら、この日なんてどう? 再来月の十五日」
「べつにどこでもいいけど、なんでその日?」
「ほら、あたしたちが付き合い始めた日付と一緒」
こじつけだな、と思ったがそこには突っ込まずに代替え案として別の日を提示する。
「それなら半年後の十日にしよーよ。俺たちが出会った日」
「うーん、それもいいけど・・・来年かぁ」
少しでも、執行猶予を伸ばしたい気持ちがあって言った日付は、彼女のお気に召さなかったみたい。
それにしても、まだ付き合い始めて三ヶ月。でも気付けば結婚の話がトントン拍子に進んでいる。
俺だって三十路だ。この年になって付き合い始める相手とは、そりゃ結婚だって視野に入れてたさ。
でも、流石にちょっと早すぎる気がする。
せめて一年。互いのバースデーを一緒に過ごしたぐらいからでも、遅くないんじゃないか?
それとも、そんな悠長な考えがもう既に婚期を逃した結果なんだろうか。
彼女の大きくまんまるい瞳がカレンダーの日付を追って、くるくる動く。
少しくせっ毛の片方だけ跳ねた髪。ふっくらとした白い二の腕が半袖のT-シャツから伸びて、その手は手帳をめくる。
女は見た目じゃないよ。
ましてや、結婚相手ともなると、性格が一番重要だろ。
でも、俺の好みの女って、この子とは真逆のタイプだったはずだ。
細身で、シャープな少し冷たい目をしていて、勝手にふたりの予定を推し進めたりしない、多少控えめな性格をしたような子。そんな子に憧れてたはずなのに。
でも、嬉しかったんだろうな。好意を持って貰えて。
「まぁ、キヌちゃんの好きな日にしなよ」
モヤモヤが消えないのはきっと、梅雨だというのにこの晴れて蒸し暑い空の所為だ。


・・・・・なんていう夢を見て、目が覚めました。(笑)
妙に心情がリアルだったよ!!!
そして私は何故かこのカレシ目線でした・・・。
ってか、夢の中では私は大抵性別は男です。
女であっても必ず「オレ」口調で喋ってます。
なんでしょうね、これ。
夢って、小さい頃の記憶とか、願望とかが反映されたりするんですか?するんでしたっけ?
小さい頃は、確かに私はほぼ男として過ごしてましたけど。
ってか18までそうでしたね。18の頃は制服も男物でしたから、髪型も坊主頭でしたから、どこいっても女に間違えられる(違)ことはありませんでした。
就職するときをきっかけに、戸籍上の性別で生活しないとイタイキャラになりそうだ、と思って持ち物総入れ替えして必死で女に化けたんですね。(笑)

だからかなー。

それにしても、雨が降らないのはユウウツですよ。
私の、一年で一番すきな季節・六月の梅雨だというのに。
雨大好きななのに、ここ神戸エリアではぜんぜん降らないんだから。

拍手

PR