忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

あたたかい言葉たち。

東京の本社に出張に来ています。


頻繁に出張で行き来がある場所・人たちで溢れているのであまり違和感はありません。
でも、実際の私はアウェイな存在なんですが、それを感じさせないくらい見知った顔がいて安心します。



そして彼らは、アウェイで懐かしい私の顔を見て、
「お、沢村!ついに移って来たんか?」
とか
「ついに新居の視察しに来たか?!」
とか
「沢村さん~元気ですかぁ?!」
とか
「あ、お久しぶりです♪珍しいですね」
とか
「何しに来たんスか?まさか仕事…?!」
とか、みんなそれぞれのリアクションで声を掛けてくれて、あったかいなぁ、とこころがほっこりしました。



そんな中でも、元々同じ職場だった同い年の後輩・ヤーくんを見付けて抱き付きに行ったり(気持ちは抱き付きたかったけど堂々とセクハラは出来ないので実際は肩を揺さぶっただけ(笑))して、
「ヤーくん結婚した?!」「いや、まだッスよ」
「恋人出来た?」
「ぜんぜん」
「よかったぁ~!あたしが異動してくるまで寂しいから独身でいてな!」
「何でですか!!」
「だって最近みんな気付いたらいつの間にか既婚者なってるやん!」
「あー…そぅっすねぇ」
「もーついでにヤーくん貰ってくれ!」
「…。(苦笑)」
「あ、ゴメン。いまの冗談ナシ。今のセクハラ発言は忘れてくれ!今度フツーに飲みに行こう!よろしく!」
と言う、大阪時代からの相変わらずのやり取りをして非常にほっこり。


かつての上司にも、広い工場の通路でスレ違った際に「こっち来るん待ってるで!」と言って貰ったりして、あぁ、受け入れてくれるひとたちが既にいるというのはだいぶこころ強いなぁ。と思いました。




先は見えない事業計画に振り回されてきたわたしたちだけれど。

ちょっと先の未来。明日からの人生、頑張れそうです。

拍手

PR