忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

似合う似合わないじゃなくて、したい恰好をしてみようか。

どうも。
生きてましたけど、11月下旬からの風邪をきっかけに喘息のようなものを発症して日々辛いです。去年の12月5日の31歳の誕生日から正月まで続いたヤツと酷似です。
(てかたぶん喘息。しかし子供の頃病院に掛かったことがなかったせいでこの年まで気付かなかった・・・)


そんなこんなしてる間に、超年下男子とレンアイごっこしてみたり、32歳の誕生日を天王寺のプチリッチホテルで30代独女らしくエステとカクテルサービス付きプランで迎えてみたり、いろいろしてました。ハイ。
しかしその間に体調も崩して、なかなか治らないっていうね。コレ。


で、ぜんぜん関係の無い話題なんですが、ちょっとふと思ったこと。


みなさん、服やバックや靴など、何を基準に選んでいますか?


わたしは今まで、自分に似合うものを選んでいました。
自分のキャラや体型や顔付きなど(+少しばかり年齢も意識)総合して「こういうタイプの30over女はこんな感じのコーデだろう」的なものを選んでいました。

ちょっと具体的にどういうスタイルかと言えば、シンプルだけどちょっとかわいい系、って服装をずっとしてきました。
ふわふわ、ひらひら、のかわいい系は苦手なので、スッキリしたシルエットだけど、美人系とかコンサバ系とかではなく、ギャルやゴスロリや森ガール系とかでも当然なく、ちょっとかわいい系。

しかし!

自分が気になる・・・というか、憧れる、雑誌などでついつい目の行く30代女性像はけっこう違うのです!
それも、かなり以前から!!!
はっきしいって、美人系とかコンサバ系のモデルさんのスタイルやメイクの方が憧れるのです・・・!(>_<)

このギャップを埋めるにはどうしたら・・・でも試着してみてもなんだか自分には似合わない・・・。

で、結局いつもの「ちょいかわいい系」を買ってしまうハメに。

これはこれで、安定の自分スタイルで安心するのですが、本当に着たい服・鞄・靴ではないので
ちょっと微妙な気分・・・。


で、試着したときに「なんか似合わない・・・」と感じる原因って、アレ、何なんでしょうか?

もしかして、そういう服装の自分を見慣れてないだけ?

メイクや髪形、今持ってる他のアイテムが合ってないから??



今日、「ダメな私に恋してください」(著 中原アヤ)を読んでても思った服装のこと。
この扉絵の真ん中のふたりの30代女子のどっちのタイプに憧れるかというと、断然右にいる晶姐さんなんですけど、普段の私はどちらかと聞かれれば確実に左にいる主人公のミチコちゃんタイプです。
なんかこのマンガのイラスト見ただけで、「やりたい服装とけっこう違う恰好ずっとしてるな、私・・・」と物思いにふけりました。(笑)



・・・ちょっと、今度は本当になりたい自分のスタイルになってみようかなーーー。
(これ、春にも同じようなこと言ってた気がしますが。)

拍手

PR