忍者ブログ
現場仕事と仲間のこととか、たまにイデオロギー的なことをつれづれに。 読んだ本、すきな音楽やライブのことだとか。 脈絡無く戯言を書き殴る為の、徒然草。

やってもないのに/RAY

やってもないのにできやしないとか
いいたくないからやるしかないよ
後悔しないよう
自問自答して作るMY ROAD



うーん、響きますね。
RAYくんの「やってもないのに」という曲のサビの部分です。


最近は時間のコントロールをうまくしようと、ビジネス関係の特集記事を読んだり(Associeがお気に入り♪)、時短の方法を考察したりそういった本を読んだりしているのですが。

新しいことを始めたり、計画を理想通りに進めるためには、既存でやっていることを止める勇気が必要とされるそうな。

最もだよ。
だって時間は誰の元にも平等に1日24時間しかない訳ですからね!


これに、記事を読むより少し前に気付いた私は、何を捨てたかというと、自炊を捨てました。


理由は、家事の中で一番手軽に世の中のサービスで賄えるものだったからです。
3大家事と言えば、掃除・洗濯・調理が思い浮かぶと思いますが、この中で自分でやることを止める前提で生活しようとシミュレーションしてみると、以下のようになります。

掃除:ルンバなどの高額家電を購入。
洗濯:クリーニング店に出す。
調理:お惣菜を買うか、外食をする。

どれが一番ハードル低いか言われたら、断然「調理」ですよね!
だって洗濯物を毎度クリーニング店に出す方がむしろ手間だし、掃除もルンバなどでは賄いきれないキッチンや風呂やトイレの掃除はどうすんだ??って考えると、最終的に行きつくのはもしくは、家事代行サービスになるわけですよ。

・・・・安月給のサラリーマンが家政婦雇う余裕なんてあるわけないだろ!!!

って話ですからね。


ま、そんなこんなで時間を確保し、新たなことに挑戦していっているサワムラであります。

で、音楽の話題で始まったくせにやたら生活臭漂う話になって脱線しましたが、休日や夜勤の朝、強制的に外に出て家でダラダラする時間を削減しよう!!作戦のために私が考えた秘策は、レンタル屋でCDを当日返却で借りることです。



ちょっと前の記事では「朝カフェでモーニング。のススメ」みたいなことを書いていましたが、これは相当モチベーションが上がっていないと出来ない行動でもあります。(実は)

頻度で言うと、月に1回くらい。



・・・・・・月に1回しか有効に時間を使える休日が無くて他の休みはダラダラ過ごしてるとしたら、ごっつ勿体ない!!!!
貴重な人生の時間無駄にし過ぎ!!!!!

ってハナシじゃないですか。

なので、その予防策として2つの対策を立てました。
そのうちのひとつが、当日返却でCDをレンタルすることなんです。
これなら、レンタルショップが開店する前の時間には無理やりにでも家を出て返却BOXにインするという目的が出来ますからね。

この利点は、時間に遅れると延滞料金が発生するというペナルティが発生することですが、延滞料金のようなはした金よりも何よりも、店員さんと面と向かって期限の過ぎた商品の受け渡しをしないといけない、という心理的プレッシャーを自分に与えることにあるのです。
ほんとうの目的はココです。



もう一つの方法は、前日に休日の時間単位のスケジュールを予定表に書き出してしまう、というものなのですが、これは別の記事に改めて分けて書きます。(^^)
これもなかなか効果抜群ですよ。


で。
またまた相当話が脱線してしまいましたが、RAYくんです。
ここ数日で、私がその翌日確実に早めの時間に外出までこぎつけるという目的も兼ねて借りたCDたちは、

『はっぴいえんど』はっぴいえんど
『フラカン入門』フラワーカンパニーズ
『銀魂BEST3』アニメ銀魂主題歌集
『ポガティブ』RAY

の4枚。
バラバラなラインナップ。
70年代のクラッシックロックに、老舗ロックに、サウンドトラック(?)に、レゲエ。
はっぴいえんどは「しんしんしん」が聴きたかったのでそれが入ってるアルバムを選んで、フラカンは言わずと知れた名曲「深夜高速」の ♪生きててよかった~ のフレーズが聴きたかったのと、銀魂はいろんなバンド(しかも黒猫とかパンクロックアーティストも多い!)のオムニバス的に聴けるという利点と、RAYは大阪の言葉で紡いだリリックが聴きたかった。・・・のかもしれません。

でも休日の晴れたお昼間に一番似合うのは、やっぱりポジティブなレゲエミュージックだな!!!
と確信しました。(*^^*)

大阪弁でガンガンに向上思考な言葉を聞きまくれるというのは気分上がりますよ♪


レゲエのいいところは、「底辺から向上心を持って上へ這い上がろうとする」精神を漏れなくどのアーティストも唄ってることです。
それは、作り話なんかじゃなくて、マイクを取ってるDJたちのリアルな声が反映されてるからこそ、素直に、ダイレクトに、胸に響くんだと思います。

対して、パンクはネガティブ精神を敢えてさらけ出して唄っているようなものが多いんですが、ここも決して落ちて終わりではなく、希望の光を必ずどこかに盛り込んでくれているのですよね。
「もしも僕がここから去ってしまったら?」
「もう一度仲間として迎えて貰えるのかな?」
「世の中金よ。愛も勇気も平和もすべて金で買えるんだろ?」
「大人になってぼくたちは何を失くした?」
「でも金で買えない時間をおれたちは共有している」
「沈む夕日に何を思う?」
「売られていく家畜は何を思う?」
「未来担う若者たちよ、こんなおれに愛を恵んでくれ」
・・・とまぁ、そんな誰もがもがいているときに一度は頭を過ぎったことがあるようなことを唄って、代弁してくれているわけです。

パンクロックは私のライブ史の中でも10年を超える一番推しているジャンルではありますが、アイドル的な熱狂的(?)な気持ちになることは無いのです。
でも、レゲエアーティストに対しては、個人的にはアイドル的なテンションの上がりがあります。
”キャー!RAYくんっ!!(/ω\)” みたいな気分になりつつ、音源聴いてます。(笑)

ところで、わたしのレゲエアーティストの声の好みは「普通の声の持ち主であるどっちかというと爽やかボイスの兄ちゃんが、メロディーラインに乗せて唄う」タイプがすきなのかもしれません。
昔から好きなCHEHONも、フェスで知ったRAYも、濁声タイプではなく、「普通の声」タイプの人です。


生きる事に意味なんて無くて
感じる「今」が大切だって
気付いた心で走り出せ
自分の為、未来の為

♪ I KNOW / RAY Feat. APOLLO











拍手

PR